人は自分の欲しい車を想像するときに何を考えるだろうか?メーカー?排気量?車体価格?「どんな車がほしい?」と聞かれた時、反射的にメーカー名と車種について想像する。でもその車は、既存する車で、自分が本当に欲しい車であるのであろうか?いつから車は想像するものでなく、カタログで選択される存在になってしまったのか?KMIの開発はそんな疑問から出発した。それは人々の嗜好を選択しただけの、誰からも無難に理解される車ではない。個性的というカテゴリーに自らを押し込め、ごく僅かの人だけに受け入れられる車でもない。ただ目の前を通り過ぎただけで、心にその車の姿が残るような…、そんな車を作りたい。
 
  プロローグ  
  第1回 未知の車の創造  
  第2回 造形  
  第3回 型取り・型抜き  
  第4回 パテ成形・下地処理・塗装  
  第5回 組み付け・整備・KMI完成  
  第6回 2002年東京オートサロン出展  
  第7回 KMI登録・走行  
  第8回 ベンチャー・エキスポ2002出展  
開発スタッフ
社長/ 藤原敬治
専務 /藤原義敬
プロダクトデザイナー/亥野隆司
スタッフ/田中博彦、大角進
兵庫科学技術専門学校/高橋良太
塗装/前田年彦、河内貴志
鈑金/松下昭平
整備/北沢良和、松井洋、吉田孝志
協賛企業
株式会社池本部品(BBSホイール)
株式会社阿部商会(ピレリータイヤ)
SIKKENS(ボデー塗料)
タカミエンジニアリング(マフラー・アルミハブスペーサ)