冬場の点検もお忘れなく!
寒い日が続いていますね。気温が低いと、おクルマに様々な負担が!
★バッテリー★
気温が下がるとバッテリーも弱くなりがち。
当店では、無料でバッテリーチェックを行っております。
もし弱っていたら、GSユアサバッテリーなど高性能バッテリーと交換作業もOK!
★オーバーヒート★
オーバーヒートは夏場の症状と思われがちですが、実は冬場にも多発しています!
水温計が上がり気味、エンジンから変な音がするなど気になる点がありましたら、お早めに点検に出しましょう。また、車内のヒーターの効きが悪いといった症状が出ている場合にも、点検にお出し下さい。

オイル交換は定期的に!!


皆様、エンジンオイルは、定期的に交換していますか?

今回の事例は2万キロオイル交換していないエンジンのお話。車は2年前に新車登録、距離32000km。
ユーザー様から「走行中に白煙が出る」との事で入庫。
試運転してみると、白煙は出ない、詳しく聞いてみると、「上り坂でたまに出る」との事、現象が出ないので、車の点検をしてみると、エンジンオイルの量は適正、
汚れも、そんなに酷くない、フィラキャップを開けてみると、結構、内部はスラッジで汚れ気味、 あまりオイルメンテ良くないなーと思いながら、いつ頃オイル交換されました? と問診すると、「三日前にスタンドで交換した。それは走行中にオイルランプが点灯したため、 それまでは、あまり交換していない」と言うことはーエンジン内部はコテコテと想像できる・・・・・

お車預かりして、タペットカバーをはずすと、オーマイゴッド!!カーボン、スラッジで超コテコテ!! これでは、エンジンオイルもちゃんと潤滑していないだろう・・・
白煙の原因は、おそらく、高回転時にタペットカバーに、オイルがたまり、そのオイルがブローバイホースから インインテークマニホールドに入り→燃焼室でオイルが燃え→白煙がたまに出る。状態になったと考えられる。

これでは、ディーラーの保証も受けれないだろうなぁ、念の為確認したが、「オイルメンテ不良はクレーム対象外です。」との事。全額有料作業となった。
本来は、エンジンオーバーホール、清掃作業となるのだが、ユーザー様の意向で出来るだけ、安くとのことなので、シリンダーヘッドのみ脱着、オーバーホール、清掃、タペットカバーは、清掃できないので、取替、オイルストレーナーも詰まっていると予想されるので取替、もちろんエンジンオイルとフィルターは取替、の内容でユーザー様に納得していただき、作業にかかりました。
まだ、救いなのは、スラッジが柔らかいチョコレート状態で掃除すれば除去出来る事でした。 シリンダーヘッドをはずすと、オイルの油路という油路は詰まりぎみでした。これでよくオイルが 潤滑していたなぁーと関心しながら、コシコシ掃除・・・。オイルパンも外し、エンジンブロック側も、コテコテを掃除できる範囲で掃除した。やはり完璧には取れませんが・・・

 

シリンダーヘッドは、洗浄に出し、見違える様(新品?みたい)になり帰ってきました。驚き!
組み付け後、試運転、エンジン高回転でも白煙は出ないことを確認し、作業終了。
ユーザー様にもエンジンオイル交換の重要性を説明、理解してもらい、納車させていていただきました。
エンジンオイルは交換しなくても、エンジンは動きますが、エンジン内部の状態は、悪い状態になっています。定期的に交換してください。エンジンオイルには、いろいろと種類がありますが、安いオイルでもかまいません。
4000km〜5000kmに一度はオイル交換お勧めします。

以前のガソリンスタンドさんでは、「オイル交換しましょうか?」と言ってくれましたが、最近では、セルフのガソリンスタンドさんが増え、メンテナンスの声がないのでオイル交換も忘れがちになっていますので、気を付けてください。
皆様、最近オイル交換されたのは、いつごろですか??


追伸
この作業終了後、2台続けて、同じようオイルメンテ不良のお車が入庫してきました。1台は、軽症なため、エンジンオイル、フラッシング洗浄で様子見てもらいました。もう1台は・・・エンジンがかからない→エンジンオイル入っていない→エンジン焼き付き →高年式の為、廃車となりました。

メカニカルスタッフ 松井 洋


                              

有限会社光明池は、皆様のカーライフをサポートしてまいります。
なにとぞご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
スタッフ:松井 洋